関西エンディング産業展に出展

ニュース

2017/11/01

関西エンディング産業展に出展

2017年11月8日から10日にかけてインテックス大阪で開催される関西エンディング産業展に、アーバンフューネスコーポレーションがブースを出展します。

ブースでは、葬儀社の仕事を減らして、お客様の満足度を高める『MUSUBYS』(ムスビス)を展示します。

『MUSUBYS』とは、顧客管理、見積もり・受発注、アフターサポート、コールセンターの機能を集約した総合支援システム。

『MUSUBYS』の機能はもちろん、活用することで、業務効率を向上させ、質の高い葬儀サービスの提供を実現する仕組みについても紹介します。

MUSUBYS LIFE LOGの画面

また、今回の展示会では、広告費をかけずにWebで集客する手法として注目が集まる、MEO(Map Engine Optimization)も紹介。

検索結果に表示されたGoogle Mapで、自社サイトを上位表示するために行うために必要な、具体的な取り組みを解説します。

『MUSUBYS』やMEOについて詳しい紹介をご希望の方は、会期中に効率的に商談ができる事前アポイントシステムでご予約ください。

アーバンフューネスのブースではホームページ無料診断も実施

関西エンディング産業展では、セミナーも開催します。

11月9日には、弊社IT事業推進役員の加藤勉が、アーバンフューネスが取り組んでいるWEBマーケティングの事例や、MUSUBYSの実際の運用事例、課題の解決策について紹介。

11月10日には、弊社代表の中川貴之が、アーバンフューネスのIT戦略を元に、超高齢化・人口減少社会における葬儀市場の人手不足を解消し、無謀な価格競争から脱却する秘訣をお伝えします。

セミナーの受講をご希望の方はこちらからお申し込みください。

http://www.ifcx.jp/kansai/seminar/
このエントリーをはてなブックマークに追加