貧困の子どもに教育支援を。『想いのしずく』プロジェクトに協賛

ニュース

2017/11/20

貧困の子どもに教育支援を。『想いのしずく』プロジェクトに協賛

子どもが夢や希望を持てる社会の実現に向けて

私たちは、貧困状態にある子どもたちの教育を支援するプロジェクト『想いのしずく』に協賛・寄付いたします。

現在の日本では、子どもの7人に1人が、地域社会において「普通」とされる生活を送ることができない「相対的貧困」にあるといわれています。

このプロジェクトは、どんな環境の子どもであっても、将来に夢や希望が持てる社会を実現するために、相対的貧困によって生まれる教育の格差と貧困の連鎖を解消する取り組みです。

運営は一般社団法人シニアライフマネジメント協会が行い、寄付金は特定非営利活動法人キッズドアの活動に充てられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加