総務省主催「異能ジェネレーションアワード」にてアーバンフューネスが情報通信部門賞にノミネート

ニュース

2017/12/09

総務省主催「異能ジェネレーションアワード」にてアーバンフューネスが情報通信部門賞にノミネート

平成29年11月22日に開催された「異能ジェネレーションアワード」(主催:異能vationプログラム 業務実施機関 株式会社角川アスキー総合研究所 異能vation事務局)授賞式において、[ジェネレーションアワード部門]の部門賞、及び企業特別賞の受賞が発表されました。

そのなかで、株式会社アーバンフューネスコーポレーションの『「葬儀×IT×その人らしさ」をコンセプトにおく次世代型フューネラルサービス』が他薦され、協力協賛企業126社による厳正なる審査を経て、8000件以上の応募の中から、情報通信部門賞の受賞候補10件の中にノミネートされました。

「これからの日本を創るあなたを応援します」というテーマのもと、総務省によって設けられた異能ジェネレーションアワード。

これまでにない課題を発見し未来を拓く力が求められる今後を見据え、大いなる可能性があるICT(情報通信技術)分野へ挑戦する個人・団体・企業を支援する取り組みです。

これからも株式会社アーバンフューネスコーポレーションは、あらゆる社会環境の変化に対応するためいち早く先進の ICTを活用し、お客様の高い満足と、葬儀業界のさらなる発展のため、「儀式・儀礼」を守り続けるとともに、その人らしいご葬儀をお手伝いして参ります。

総務省「異能vation」プログラム
http://www.inno.go.jp

受賞ノミネート一覧
http://www.inno.go.jp/nominate.php

このエントリーをはてなブックマークに追加