フジテレビ「ノンストップ!」でデジタル遺品問題解決アプリ「TASUKI(タスキ)」を紹介

ニュース

2018/11/30

フジテレビ「ノンストップ!」でデジタル遺品問題解決アプリ「TASUKI(タスキ)」を紹介

2018年11月30日放送のフジテレビの情報番組「ノンストップ!」で、アーバンフューネスが手掛けるデジタル遺品問題解決アプリ「TASUKI(タスキ)」が紹介されました。

この日の同番組の「NONSTOP!サミット」のコーナーは、「年老いた親との向き合い」がテーマ。
その中で、亡くなった親の携帯電話やパソコンのパスワードが分からず、葬儀の連絡や遺産相続などの手続きに支障をきたすデジタル遺品問題があることが説明され、これを解消するアプリとして、TASUKI(タスキ)が登場しました。

番組のインタビューに応じたアーバンフューネス代表・中川が「70代前後の多くの方がスマートフォンを使用している現状があり、デジタル遺品問題を解消する必要がある」と、TASUKI(タスキ)開発の背景を説明。
TASUKI(タスキ)は、デジタル製品の使用者本人がデジタル遺品を「誰かに引き継ぐ」か「消去する」かを生前に指定しておき、使用者本人の死亡確認後に指定通りの処理をデジタル製品内で行う「鍵」の機能と仕組みであることも、詳しく紹介しました。

葬儀社だからこそ直面するデジタル遺品問題のトラブルを、葬儀社ならではの仕組みで回避するTASUKI(タスキ)は、2019年配信開始予定です。

デジタル遺品問題解決アプリ「TASUKI(タスキ)」のもっと詳しい情報はこちらをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加